読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

set setting reset

インフラ関連の小ネタと備忘録

Windows Server 2008 R2 で時刻同期

windows

windows server 2008で時刻同期

WorkGroup環境で外部NTPサーバと時刻同期する。
参照するNTPサーバは ntp.nict.jp 、クライアントは 2008 R2 。

事前準備

同期設定を行う前に、大幅に時刻がずれているようなら下記コマンドを実行しておく。

w32tm /resync

設定

w32tm /config /update /manualpeerlist:"ntp.nict.jp,0x8 ntp.jst.mfeed.ad.jp,0x8"/syncfromflags:manual /reliable:yes

各部の意味は以下。

  • update : 直接レジストリに書き込む
  • manualpeerlist : 外部NTPサーバを指定、0x8は自分がクライアントとして動作する
  • syncfromflags : workgroup環境だとmanualにすべきらしい
  • reliable : 信頼できるNTPサーバかどうかを指定、あんまり意味はないらしいい

また、レジストリ値として、同期モードを0x8にする場合はRFC準拠の同期間隔が採用され、
64秒 → 128秒 → 256秒 → 512秒 と間隔を空けて同期するようになるが、
この間隔の最小値と最大値を変更する。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\service\W32Time\Config\MinPollIntervalHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\service\W32Time\Config\MaxPollInterval

今回はminを6(26=64秒)、maxを10(210=1024秒)とした。
最終的にはMaxの値で同期を行う。
あとNTPサーバとしては動作しなくてよいので、以下のレジストリを編集した。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\service\W32Time\Config\AnnounceFlags

0 に指定しておいたけど、別段しなくてもよい。
調べてないけど不要な通信してたらイヤだなということで。
レジストリをいじった場合はサービスからWindows Timeを再起動する。
その際に イベントビューア → Windowsログ → システム でログを見ておく。
イベントID37が2回、ID35が1回出力されたら正常な状態。

各種確認コマンド

時刻がどれくらいサーバとズレているかをリアルタイムで確認

w32tm /stripchart /computer:NTPサーバ

現在の設定内容を表示

w32tm /query /configuration

現在の時刻同期の状況を表示

w32tm /query /status

参考にしたサイト

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winntp02/winntp02_02.html http://uso59634.blog63.fc2.com/blog-entry-10.html